ウィリアムヒルの歴史には日本の大企業が深く関わっていた!?

投稿者: | 10月 1, 2020

スポーツブック界の3大メーカーに数えられるイギリスの巨大ブックメーカー「ウィリアムヒル」。

全世界にその影響力を持つようになった現在に至るまでのその歴史を今回は追っていきます。

なぜ他より早く日本市場に早々に目を向けたのか?その理由も解説していきます。

 ウィリアムヒルスポーツ公式サイトはこちらから

 

 

【ウイリアムヒルの歴史とは】

「ウィリアムヒル」は1934年にイギリス領土のブリテン島で、創業者william Hillにより設立された歴史の長いブックメーカーです。

1999年に一度上場を試みて失敗しますが、過去にも関係があった日本の野村証券からの増資を経て2002年に念願のロンドン証券取引所に上場し、ついに一流企業の仲間入りを果たします。

 

「ウィリアムヒル」が他のブックメーカーに比べて、日本への展開が早かったのはこのような野村証券との関わりの歴史が影響しているというのは有名なお話しです。

2005年にアイルランド共和国の624箇所に及ぶベッティングオフィスの取得に成功し、名実ともに「ウィリアムヒル」はイギリスのマーケットにおいて店舗数シェアトップになります。

 

この時の規模の大きさから、公正取引委員会による指導を受け店舗の一部売却を余儀なくされますが、それほどまでに「ウィリアムヒル」のマーケットにおける影響力が恐れられたというわけです。

2008年に「ウィリアムヒル」は、オンライン事業のさらなる改善を目指して積極的に行動していきます。

 

ウィリアムヒルはロンドンを本拠地にアテネ・シドニー・モントリオールにもオフィスを構えるイギリスのソフトウェア会社で、現在の「openBet」の前身である「orbis」社、更には2006年にロンドン株式市場に上場しているオンラインゲームソフト開発大手の「Playtech」社と業務提携。

この大手2社との業務提携により、世界でもトップレベルのゲームを数多く提供できるようになります。

以後2011年のE−Gaming Review Awardでは最多ノミネート12部門、2011年及び2014年の最重要賞「Operator Of The Year」受賞の歴史も経て、世界3大ブックメーカーとしての確固たる地位を確立していきました。

 ウィリアムヒルスポーツ公式サイトはこちらから

 

 

【ウィリアムヒルの強み】

「ウィリアムヒル」の最大の強みは、日本でいう「日経225」にあたるイギリスの「FTSE250」構成銘柄の一つにも選ばれるイギリス国内での企業価値です。

これにより一般的なカジノサイトとはイメージが違い、企業が提供するサービスの認識でスポーツベットやカジノゲームが浸透している点にあります。

また世界に直営店舗を数多く持ち、従業員数も16,000人を超える「企業としての規模の大きさ」も特徴。

イギリス国内には路面店なども広く展開され、日常風景の中に常に「ウィリアムヒル」の存在があり、日本人がコンビニエンスストアに寄る感覚で気軽に店舗の利用も行われます。

イギリス国内でスポーツベットは文化として定着していますので、その歴史とともに長年の間シェアトップを誇る「ウィリアムヒル」は、それだけ信頼性が高いということです。

「ウィリアムヒル」の強みは、そういった歴史の裏付けからくる信頼性の高さから来るものになります。

 

 

【ウィリアムヒルの主なスポンサー歴やパートナー企業】

「ウィリアムヒル」はスポーツ振興にも貢献し、あらゆるスポーツ分野にスポンサーとして参加しています。

 

『スポンサー遍歴の一部』

(サッカーチームスポンサー スポンサー・パートナーシップ )
チェルシーFC/トッテナム・ホットスパーFC/エヴァートンFC/アストン・ヴィラFC/クリスタルパレスFC/サウサンプストンFC/マラガCF

(ダーツ)
ワールドチャンピオンシップ
グランドスラム・オブ・ダーツ

(サッカー)
スコティッシュカップイングランド代表

(バスケットボール)
NBA

(競馬)
キングジョージ6thチェイス

(テニス)
豪オープン

など

 

最近ではアメリカプロバスケットの最高峰NBAの公認スポーツベッティングオペレーターになったことでも話題になりましたが、この影響でアメリカのスポーツブックマーケットにおいて約25%のシェアを得たと言われています。

 

 

【E−Gaming Review Award(EGR)受賞歴】

E−Gaming Review Awardとは、毎年開催されるオンラインゲーム業界におけるアカデミー賞的なイベント。

業績や革新的なサービスの提供による商業性の高さ、その企業のサービス価値などをあらゆる部門で世界的に認めるものとして表彰する権威ある賞です。
ソフトウェア会社からブックメーカーまで、幅広いオンラインゲームに関する企業が対象となります。

 

『過去の主だった「ウィリアムヒル」の受賞歴』

受賞年度 項目
2011 Sports Betting Operator of the Year
Operator of the Year
2012 Slot Operator of the Year
2013 Outstanding Contribution to the industry
2014 Marketing Campaign of the Year
Casino Operator of the Year
Slot Operator of the Year
Operator of the Year
2015 In-play Sports Operator of the Year
In-House Product of the Year

 

 

【ウィリアムヒルの信頼性】

「ウィリアムヒル」の信頼性の高さは、その歴史の中の努力の積み重ねにありました。

1934年の創業以来80年以上の歴史の中で、幾つもの苦難を乗り越えながら現在につながる様々な展開をしていきます。

権威ある賞の受賞やスポーツ振興への努力、圧倒的な店舗数は世界的に雇用をもたらしました。

「ウィリアムヒル」が最高峰のブックメーカーとして世界的に支持された今の結果は、創業からの歴史の中で培った様々な経験と実績による信頼性によるものです。
安全安心なブックメーカーとして、「ウィリアムヒル」はこれからも歴史を刻み続けていくことでしょう!

 ウィリアムヒルスポーツ公式サイトはこちらから